プロフィール

ウィズ母さん

profilephoto

アロマペットサロン ウィズ
電話:06-6796-1882
FAX:06-6796-1882
〒547-0043 大阪市平野区平野東1-7-32
Amebaブログ
ペットのこころとからだ

*一般社団法人スリーフィールド代表
*アロマペットサロンウィズ オーナートリマー
*アロマフランスクレイプロフ
*APNAペット食育協会指導士
*犬猫の経絡針インストラクター師範
*犬猫の経絡指圧&按摩&温熱インストラクター師範
*JPCペットアロマインストラクター
*アニマルコミュニケーター


三原こず江 プロフィール

*1959年5月19日 (牡牛座のA型)

*大阪市立平野小学校  卒業

低学年の時は大人しく、我慢強く強情で
高学年の時はソフトボール部に入り、
ボールを触ったことのいない自分が、
一生懸命ボールを追いかけてたことを
先生に褒められ、スポーツが出来る人だと
想い活発に成って行った時でした。


*武庫川中等学校
*武庫川高等学校  卒業

中・高とクラブ(ソフトボール)に明け暮れていた
6年間でした。
でもこの6年間で、友情・根性・失敗・悲しみ・
思いやり上下関係・チームワーク・体力・知識(たぶん)の
土台作りをしていた様に思います。


*武庫川短期大学(体育科)卒業

この時も2年間ソフトボールに明け暮れていました。
体力・気力・有無を言わさない上下関係・友情・時間
それなりに自己責任の中で、学生生活を満喫していました。


*卒業後半年間、神戸のYMCAの小学生のスイミングコーチの
バイトをしていました。

短大から大学編入にチャレンジしたもの、失敗し
何をすれば良いか分からず、取りあえず先生の
勧められたスイミングコーチのバイトを始める。
子供の指導は楽しかったのですが、
どうも神戸の人間と大阪の人間と何かが違うと・・
居場所が無いように感じ、心が荒んでいた時期でした。


*上田安子服飾専門学校に2年間通う

心が荒んだ時期を脱するため、親の勧めもあり
実家がブッティクをしていたため、通いだす。


*24歳で結婚

主人は商店街の年末のガラガラの抽選会で大当りしスピード婚。
(今でも大当たりを引いたと思っているし、男の見る目は
有ったと自負しています)


*25歳で長男誕生

初めての出産中、生むのが痛く苦しいかったのですが、
「学生の時の練習よりまし、時間も短いしすぐ終わる」と
言い聞かせている自分がいました。
あの時の苦しい練習は、この時に生かされました。
男の子だったので、一人でも生きていける様に育てようと
一番に思いました。


*27歳で二男誕生、そして手術

二男がお腹に居ると判った時から、つわりがひどく
寝ていてもつらく、気力も体力もなく成り、
どんどん痩せていき、見かねた親が、病院に連れて
行ってくれました。

『甲状腺機能更新症』と診断され、胎盤を通さない薬を
飲みながら無事、二男を出産出来ました。
長男が本当に良い子だったので、女の子が欲しかったけど
2人目も男の子でも良いと思い、思い通りにわたしを選んで
くれました。
出産後半年後に、甲状腺の外科手術をしました。

この時
『生きていくにはまずカラダ、頭の賢さはカラダが元気であれば
いくらでも勉強出来る、子供たちには健康な子に育てよう』と
病気を通して決意した時でした。


*28歳の時主人が転職

主人の実家が経営している手芸店(2店舗の内1店舗)を
夫婦で任された居たのですが、主人が転職する事になり
義理兄と2人で経営する事になりました。
急に責任者の一人となり、店の社員さんをまとめたり
仕入にいき、交渉をしたり、何をするのにもいっぱい、
いっぱいの自分でした。
主人は技術職の修行の身で帰りは遅く、子育て、仕事、
家事と一人でこなし、私は「スーパーウーマン」だと
自負していました。


*30歳で分譲マンション購入

主人の両親にも助けてもらって、マイホームを購入


*35歳の時はじめての犬を飼う

そのうち、仕事も時間と経験でやりくりが出来る様になり、
テニスでストレス発散をしていました。
結婚して子供が出来、家を買って、車も買い替え犬を飼う
と言う、よくあるパターンです。
子供が少し大きくなったら、犬を飼いたいと言い出し
子供の情操教育の為に良いかと思い、迎え入れた犬でした。
でも、私がこの犬業界に入るきっかけを導いてくれた
ハッピードッグでした。


*39歳でナンバペット美容学園に入学

きっかけは、ペットの美容でした。
珍しい犬(ブリュッセルグリホン)だったので
思うようなカットに仕上げてもらえず、
じゃ、私が勉強して思うカットをすれば良いと
思ったのが、学校に通うという選択でした。
仕事をしながらなので、夜間のある学校を選んだのが
ナンバペット美容学園でした。

一年通って感じたのが、
夜間なので週2回、1回の授業は3時間〜4時間
カットが主だったのですが、これだけでは
上手くなれないと思い、週1回お店にお休みをもらい
美容学校の先生が経営されているサロンで
バイトをさせてもらいました。

そのサロンでは、美容だけではなく、
カラダの事も意識されていて、皮膚・毛質
健康じゃ無い状態を学ぶ事ができました。

この時は愛犬も7匹に増え、自分では気がつかずに
犬の世界に足を踏み入れてたみたいです。
子供と犬のために、一戸建ての家を購入


*43歳で兄と経営してた店を退職

店をやめてからの3年間、次に繋がる仕事のため
お金を稼ぎながら学びたいと思い、色々なお店で
バイトをしていました。
ホームセンターのペットコーナーやファミリーレストランの
調理場(調理のマニュアルやシステムを学ぶため)や
サンドイッチの種類が知りたかったので、
パン屋さんの早朝でサンドイッチのバイトや
生活費もかせぐ為、日に3つ位掛け持ちで働いていました。

空いてる時間に、家で犬の美容もしていました。


*46歳でアロマペットサロンウィズをオープン

色々な仕事をしながら、
「人の下では働けない、自分のやりたい事が出来ない」
「じゃ、何がやりたいのか?同じ仕事をするなら
・ペットと関わる仕事がやりたい
・犬の事をもっと知りたい
・不幸なペットを減らしたい
・ひとの笑顔を増やしたい・・など・・」

商店街に実家が持ている空き家があったので
2005年3月3日オープンしました。

その時犬9匹、猫2匹の大家族になっていました。

このページの先頭へ