<< 2019年11月スケジュールのお知らせ | main | アニマルクレイテラピー2020年1月開催します🐩 >>

アニマルクレイ研究会  (レッドイライト)

0

    アニマルクレイ研究会

     

    アニマルクレイ講座の修了生達の有志で構成され

    課題を決め、ペット達とクレイの関係性を研究しています

     

     

    今回は、去年の11月から一年を通し

    『レッドイライト』に取り組みました

     

    レッドイライトはペットに対して NG

    と言われていました・・

     

    アロマフランスで以前使用していたレッドは

     

    レッドモンモリオナイト

         

    レッドイライト  に変わりました

     

     

     

    『レッドイライト』

    レッドイライトには酸化鉄とセレニウムが豊富に含まれており

    残留脂肪分の代謝を促進させます。

    血行の悪い方にお勧めです。

    ヨーロッパでは、残留脂肪分の代謝を促進することから、

    セルライトに働きかける事で注目を浴びています。

    お勧めの肌・髪タイプ肌タイプ:脂性肌・強い肌(丈夫な肌)

    使用例セルライト、血液循環を高くするクレイバスやフットバス。
    ※首から上への使用はしないでください。
    ※高血圧の方は使用を避けてください。
    ※妊婦の方の使用は避けてください。

     

     

     

     

     

    クレイの中でレッドは、

    ペットには使わない方が良いとされていました

     

    まずは

    *毛が赤く染まる?

    *体温が高い(38.5度前後)ので

     血流が良くなって高く成りすぎないか?

    *人にも禁忌事項が多いのでペットには使用しない?

     

     

    今回は一年を通してレッドイライトを使って

    クレイバス・エンヴェロップメント・パック

    の検証してみました。

     

     

    *毛が赤く染まる?

    染まる犬もいれば、

    まったくと言っていいほど

    染まらない犬もいました

     

    パピヨンで

    クレイバス・エンヴェロップメント・パック

    どれをやっても、染まりませんでした

     

    パグでは

    染まりました

    それもパックで時間を長くつけてるよりも

    エンヴェロップメントの方が染まり

     

     

    染まる場所も

    カラダ全体では無く

    根元の方が所々、染まっていました

     

     

     

    想像していた様に(全体)染まることは今回は無かったです。

     

    犬種と言うよりも、毛質で染まり方が変わる

    (毛の成分内容や含水量、太さ、強さ、などなど)

     

    ここの分野は・・・まだそこまで研究出来ないかと思うのですが

    いつかまた、必要になれば検討して行きたいところです。

     

     

    「染まる」と思っていたことが、染まらない仔もいるという事

     

    うちのスタッフは自分の仔(パピヨン)には

    染まってほしかったみたいです(;'∀')←こんな飼い主もいます( ´艸`)

     

     

     

    *体温が高い(38.5度前後)ので

     血流が良くなって高く成りすぎないか?

     

    人間と違って犬猫は体温は高いです。

     

    でも環境や使う部位によっては使う事は有り

     

    今やペット達も人と同じようにクーラーのなかで生活だったり

    湿度の高い季節や環境の中で暮らすことで・・・

     

    ペット達にも、体の冷えや浮腫みがあります。

     

    そんな時こそ「レッドイライト」を使う事が出来ると思います。

     

     

     

    *人にも禁忌事項が多いのでペットには使用しない?

     

    だからこそ、ペットの身体の事やクレイの事を

    ちゃんと知っていることが条件ですが・・・

     

    どの場合でも

    使ってOK・使う必要のない時もある判断が必要

     

    どんな状態か?

    どのクレイを使うか?

    パック・クレイバス・エンヴェロップメントなのか?

     

    使い分け出来る判断が必要と成ってきます。

     

     

     

    研究会の発表もかね、講師をお呼びして勉強会も行っています

     

     

    今回は森 研一 先生

     

    プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック

    すこやか和漢自然医療アニマルクリニック

    一般社団法人犬猫の食と自然医療の学校

     

    2時間程の講義をして頂きました

     

    今回のテーマは

     

    外用薬としての生薬のお話

    〜皮膚に塗って効く生薬〜

     

    沢山の漢方薬も教材として、森先生からプレゼントして頂きました。

    ありがとうございます。

     

     

     

     

    講義が終わって・・・昼食

    まつたけごはん〜・いくらごはん〜🍚

     

     

    午後からは、それぞれが・・・

    「レッドイライト」の研究発表📓

     

     

     

    半年後の次回は

    グリンイライト・ホワイトカオリンを使って

    口腔内ケアの研究発表です。

     

    粉・ミスト・ペーストで使用し、どんな風に変化が合ったのか?

     

    人では使ったりします。

    動物ではどの様に使う事が出来、使う事が出来ないのか?

    色々模索しながらやって行きたいです・・ね(^_-)-☆

     

     

     

    ひとり言・・・

     

    問題は・・・(-_-;)

     

    猫達には・・・

     

    どうして、ケアをやるのかぁ〜????

     

     

     

     

     

    ☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

    B-plus  WBEマガジン主催で

    女優 杉田かおるさんに

    インタビューしていただきました

     

    詳細はコチラ⤵

    2019年

     

     

     

     

     

    2018年

     

     

     

    アロマペットサロン ウィズ

    ホームページはコチラ

     

     

    寺子屋はコチラ

     

     

     

    愛犬・愛猫の手作りごはん『入門講座』

    月2回(平日・土日どちらか)開催

     

     

     

    ペットと飼い主さまの

    『トータルパーソナルペットケア』詳細

     

     

     

     

    ツキヨミに沿たペットのココロとカラダのワークショップ開催

     

     

     

     

     

    ウィズ母さん * わんこのクレイ * 16:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ